虹色の月、広報担当のyasucoのblogです
by teotsunagou
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
お知らせ
事務局メンバー紹介
日々のこと
診断までの道のり
お薦めのもの
ランチ会の様子
オフ会のご案内
オフ会の様子
講演会のご案内
成長の一歩
困ったこと
支援グッズ
以前の記事
2014年 07月
2013年 01月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
最新の記事
またまたお久しぶりです
at 2014-07-03 15:00
お久しぶりです
at 2013-01-31 12:11
もうすぐ卒園です
at 2012-03-15 00:31
ニキ・リンコ × 浅見淳子 ..
at 2012-02-03 19:45
明けましておめでとうございます
at 2012-01-14 11:43
検索
広島ブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
広北祭
今日は、広北祭(北特別支援学校のお祭り)に行って来ました。

a0145374_23355550.jpg


一番の目的は、支援学校見学日に休みをとったにも関わらず、
Aーちゃんが体調不良で保育園に行けなくなり、
子守りをしていて見学に行けなかった主人に、
支援学校への入学を決める前に、支援学校を見てほしかったからです。

最近の主人は、そういうことにも理解を示してくれるようになり、
仕事を抜け出して一緒に来てくれました。
以前の主人なら、
「仕事を抜け出すわけにはいかん」
っと即答で断っていたはずです。

何が主人を変え始めたんだろう?
これまで何度も泣きながら訴え続けてきたけど・・・
訴え続けて来てよかった・・・っと実感できたのは本当に最近です。
こんなにも必死に訴えないとわからないものなの・・・?
っと心の底から不思議だったし、諦めた方が楽になれる・・・っとも思ってました。
でも、最近はきちんと私の支えになり、
Aーちゃんの将来を一緒に考えてくれる主人に、感謝するようになりました。


学校に着くと、駐車場待ちがあった為、私は先に1年生にいる友人のところに行きました。

しばらくすると駐車場に入れた主人から、
「僕は車から降りません!!の猛烈な拒否姿勢です。」
っと電話。

主人は、諦めモードでしたが、今回は私は諦めません。

「泣こうがわめこうが、抱えて連れて来て!」

いつもなら、
前日に地域の学校の就学時健康診断に行っていたからかな・・・
予想外のところに連れて来られて不機嫌になったのかな・・・
他にも理由があるんかな・・・(初めての場所への抵抗はあまりない子です)
っとか色々考えて、
「じゃーいいよ、車で待ってて」っと言うだろう私の予想外の返答に
ちょっと意表を突かれたようでしたが、「わかった」っと言って連れて来てくれました。
(正面玄関の手前までは泣いてましたが、私をみつけて泣きやみました。)

校内に入っても、機嫌は悪くて・・・

バザーでお世話になったひとはさんのアイスやとても美味しいらしい1本50円のバナナ、
緑の館さんのパンで機嫌取りをしてみましたが、全然よくならず・・・
顔が40歳くらい老けこんだおじさんみたいになってました。

そんなおじさんはふてくされておいてもらって、私も縄文アイスを食べながら
凄く楽しそうに無農薬野菜を売る高等部の生徒さん、
友達とじゃれ合う生徒さん、校内でお母さんと過ごせて嬉しそうな生徒さんを見て、

この子たちはなんか凄く綺麗だな・・・って思いました。

よくわからないけど・・・。

私が中学生や高校生の時、あんないい笑顔してたかな?

高校生の私に、親とかいる前であんなに一生懸命野菜とか売れるかな・・・?

そんなことを考えてました。

そしたら、おじさんがもう限界のようで帰りたいモード大全開なので、
1年生の教室に寄ってから帰ろうとすると、
それまで気付かなかった遊具を見つけて少し機嫌が治り、5歳児の顔に戻ってました。

a0145374_0341318.jpg

でも、絶対に回す係にはなりません。
当たり前のように、お友達に回してもらいます。

突然降りようとしたり、
回ってる最中でも真ん中に行こうとしたりするのでヒヤヒヤしました・・・。

1年生の教室からこの遊具が丸見えなんだけど・・・大丈夫かしら?
最初のころは脱走兵間違いないだろうな・・・。

主人も、ちゃんと色々見ていたようで、
「小さい子から大きい子までおるんじゃね」っとか、
(それは前にちゃんと話たでしょ!っと思いましたが、飲みこむ)
「高校生になるとずいぶんしっかりしてるね」っとか言ってました。
(それも前にちゃんと話たでしょ!っと思いましたが、飲みこむ)

「中学生や高校生の切り替わりの時期に、
それまで通常校にいた子たちも入ってきて人数がかなり増えるんだって」
って言うと、キョトンっとしてたけど・・・
なんでキョトンとしたのかよくわからないのでほっときました。

5分後くらいに、「そーいうことか!!」って言ってました・・・
けど、私が口を開くと愚痴のオンパレードになると思ったのでほっときました。


今月末が支援学校入学決定の締切です。

もう気持ちは決めているものの・・・

「支援学校に決めました」っていう電話をするのに勇気がいります。

Aーちゃんの6年間を決める電話・・・

大安の日にしようかな・・・。
[PR]
by teotsunagou | 2011-11-13 00:55 | 日々のこと
<< 障碍者への虐待 ロゼレム >>