虹色の月、広報担当のyasucoのblogです
by teotsunagou
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
お知らせ
事務局メンバー紹介
日々のこと
診断までの道のり
お薦めのもの
ランチ会の様子
オフ会のご案内
オフ会の様子
講演会のご案内
成長の一歩
困ったこと
支援グッズ
以前の記事
2014年 07月
2013年 01月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
最新の記事
またまたお久しぶりです
at 2014-07-03 15:00
お久しぶりです
at 2013-01-31 12:11
もうすぐ卒園です
at 2012-03-15 00:31
ニキ・リンコ × 浅見淳子 ..
at 2012-02-03 19:45
明けましておめでとうございます
at 2012-01-14 11:43
検索
広島ブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ひろしま S-1フェスティバル
今日の夕方ニュースを見ていたら、
シャレオ中央広場で「ひろしま S-1フェスティバル」というイベントが
開催されていたことを知りました。

広島県内の福祉施設や作業所のスイーツやスナックのグランプリを決めるイベントで、
ニュースでは18の作業所が出店されたとのことでした。
主催は広島県で、実施団体は社団法人広島就労振興センターです。
このイベントをすることで、どこが一番美味しいということよりも、
作業所の認知度の向上、販路の拡大が目的だといわれていました。

行きたかったなぁ・・・。

今年が初めてのイベントで、来年も開催予定だそうです。
広島県・・・湯崎知事!!
とても素敵なイベントだと思います!!
是非、末永く続けてほしいです!!


そして、グランプリですが!!

私の大好きな「ひとは館の縄文アイス」でした!!

自分でもびっくりでしたが、嬉しくて涙出ました!

ひとはさん、おめでとうございます!!


***************

私生活の方ですが、A-ちゃんは風邪。
私は病み上がりの唇ヘルペス。

週末に保育園のクリスマスページェントがあるのに、
またイベント前に体調を崩しています・・・。

でも、きっと当日は参加できる気がします。

年少さんの時は、
舞台の立ち位置から反対側までヨガのポーズやでんぐり返しをしながら移動したA-ちゃん。
最終的に舞台のそででおしっこ(オムツの中)してました。

年中さんの時は、
出し物の間中、そこは家か!っと思うほど舞台の上でくつろいでいたA-ちゃん。
何もしてないのに、保護者と一緒に拍手だけはしっかりしてました。

保育園最後の年長さんは・・・何してくれるかしら?

やらなきゃいけないことを、やれなくてもいいから、
楽しそうな姿が見れるといいなっ(*^ー^*)
[PR]
by teotsunagou | 2011-12-14 21:32 | 日々のこと
障碍者への虐待
悲しいですが、現実に起きています。

障碍者施設を自ら立ち上げたにも関わらず、
障碍を持つ人に虐待をするのです。

同じ地域ですし、面識がありましたし、バザーではお世話になりました。

パンも食べたことがあります。

何ヶ月か前から、突然パン屋がずっと休業日になり・・・

悪い噂も・・・利用者の方たちからの真実も聞いていました。


*****************中国新聞ニュースサイトから********************

a0145374_1325444.jpg


NPO法人みます会(広島市安佐南区)が運営する
障害者作業所で利用者への虐待があったとされる問題で、
指定事業者取り消しを通知した市は9日、具体的な虐待内容や不正受給の実態を明らかにした。
同会は否定しているものの、元職員や元利用者からは日常的な虐待の様子や
ずさんな運営実態の証言が相次いでいる。

市によると、今井みき理事長(46)は同区長楽寺の作業所2カ所で利用者に
「おまえはいらない」「死ね」などと罵倒を繰り返した。
逃げ出すと「反省」と称して10日以上の間、毎日6、7時間立たせたこともあった。
生活支援員の理事長の長女(24)も暴言を浴びせ、管理者の夫(46)は黙認したとしている。

作業所や区内で運営する障害者のケアホームをめぐり、
介護給付費など約43万円を不正受給したと市は認定。
加算金を含め約60万円を返還請求する方針だ。こうした運営に耐えかねた職員5人が
8~9月に退職する事態を招いていた。

元職員男性は「理事長たちは絶えず怒鳴った。注意しても指導の一点張りだった」。
元職員女性は「賃金も驚くほど安かった」と証言する。
元利用者の女性は「いつも怒られて怖かった」と声を震わせ、
別の保護者も「子どもはおびえて通わなくなった」と憤る。

市の発表を受け、今井理事長は「怒ることはあったが暴言や暴力ではない。
不正受給もしていない」と反論している。

写真説明】市が虐待があったと発表したNPO法人みます会の作業所

*******************************************************

信念を持って、作業所をやられていたのではないのですか?

相手が、きちんと言い返すことが出来て、反発できて、
力があって、周りの人に訴えることが出来たとしても、
同じことをしていましたか?

親に心配かけまいと、辛い思いをしていることを伝えずにいた人がいます。
障碍を持っていても、
周りや親に、こんなにも温かい思いやりを持っているのを知っていますか?

私は絶対に許せません。

あの美味しいパンには、利用者の方々の悲しみがたくさん詰まっていたんだ・・・っと思うと、
悲しくて涙が止まりませんでした。

中途半端な気持ちで、福祉の施設を作らないでほしいです。

強い信念を持ち、温かい気持ちで福祉に取り組んでほしいです。
[PR]
by teotsunagou | 2011-12-10 13:44 | 日々のこと