虹色の月、広報担当のyasucoのblogです
by teotsunagou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
お知らせ
事務局メンバー紹介
日々のこと
診断までの道のり
お薦めのもの
ランチ会の様子
オフ会のご案内
オフ会の様子
講演会のご案内
成長の一歩
困ったこと
支援グッズ
以前の記事
2014年 07月
2013年 01月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
最新の記事
またまたお久しぶりです
at 2014-07-03 15:00
お久しぶりです
at 2013-01-31 12:11
もうすぐ卒園です
at 2012-03-15 00:31
ニキ・リンコ × 浅見淳子 ..
at 2012-02-03 19:45
明けましておめでとうございます
at 2012-01-14 11:43
検索
広島ブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
山元加津子さんの講演会を終えて・・・
広島の原爆記念日の8月6日に、
山元加津子さんの講演会&宇宙の約束の上映会が行われました。

虹色の月からも3名、今回も手伝いに行かせてもらいました。

当日は、約175名の方がご来場くださいました。

第一部が宇宙の約束の上映会で、
第二部が山元加津子さんの講演会で、
スタッフの私たちも会場内で映画を観て、講演も聞かせて頂きました。

宇宙の約束は、以前見たことがあり、その時は1/4の奇跡と2本立てで観たせいか、
「1/4に比べると、ちょっと難しかったな・・・」
っという印象があったのですが、
なにがなにが・・・もう大号泣です・・・。
途中、声を押さえられなくて、わんわん泣いてしまいました・・・最前列で。

おかげ様で、この後の第二部の司会としての挨拶に気持ちが入りまくって、
涙線が緩みまくりで泣きそうになったり、
泣くのを我慢したせいで言いたかった事がふっ飛んで真っ白になったりと、
上手に気持ちを伝える事が出来ませんでした・・・。_| ̄|○

会場におられました方々・・・
たどたどしい司会進行で申し訳ありませんでした・・・。


第二部の山元さんの講演会も、本当に素敵でした。

1/4の奇跡でも出てくる大ちゃんの詩や雪絵さんのお話、
宮ぷーさんのお話、山元さん自身のお話。

たまに沸き起こる会場内の笑い声。

全てが素敵でした。

あまり講演の内容は書かないようにしたいのですが、
私がとても印象に残った部分だけ書きたいと思います。

山元さんのお友達の宮ぷーさんは、脳幹出血という病で倒れ、
命が助かったとしても意識は戻らないっと言われていた方です。

主治医から「命が助かった例はない」っと言われた山元さんは、
「先生、でも大丈夫です」っと言われ、
意識のない宮ぷーさんに話かけ、体を動かし、色々なさったそうです。
意識が戻ったけれど、意志の伝達が難しかった宮ぷーさんの意思を聞くために
様々な方法や意思伝達装置を使って宮ぷーさんとコミュニケーションをとられました。

宮ぷーブログ「宮ぷー レッツチャットで、今日もおはなし」

その話の時、山元さんはこう話されました。

「私は支援学校の教員をしているという事で、
このような意思伝達装置があるという事を知っていました。

でも、こうやって講演会をまわっていたりすると、
「家族とコミュニケーションがとれないのです、どうすればいいですか?」
っという質問を受けることがあるんです。

先生がいけない、違います。
看護師さんがいけない、違います。

知っていて、伝えなかった私がいけないんです。

一番いけないのは、知っていて伝えないことなんです。

先日、宮ぷーと同じように倒れた主人に会いに来てほしいという連絡をもらい、
その方に会いに行って来ました。
その方は、もう体が硬直してしまっていました。

その時にも、私が宮ぷーにしてきたことをもっと伝えなければいけないと思いました。
宮ぷーさえよければいいというのは違います。

私はもっともっと伝えていかなければいけいなと思いました。」


そう言われました。

私は、感動しました。

山元さんは支援学校の先生です。
ほとんどの週末は全国を駆け巡り講演をされています。
活力源は、雪絵さんとの約束をはじめ、支援学校の生徒さん、宮ぷーさん、
私の知りえないもっとたくさんの事があるのだと思います。

でも、ご本人が理由になっていることが見当たりません。

それでも、山元さんは、山元さん自身は、
ご自分のために動かれていると思われているだろうな。

そう感じれるほどの強い意志と強い思いが伝わってきました。


私も。私たちも。

伝えたいことを伝えられ、伝え続けていける人になりたい。

今知っていること、これから知っていくことを伝えていける人になりたい。

そう思いました。


私は、まずはこのブログで
私たちの子ども達の素晴らしさ、困難さはもちろん、
親としての葛藤や感動なども綴り続けていこうと思います。
そして、まだまだ新米の親ですが、知っている情報は伝えていきたいと思います。


山元加津子さんブログ「いちじくりん」

山元加津子さんホームページ「たんぽぽの仲間たち」

宮ぷーこころの架け橋ぷろじぇくと
※メールマガジン登録画面です


講演会を終えて、
私は山元加津子さんを大好きになりました。

サインも、一人一人、一冊一冊にイラスト入りでのサインです。
絶対に手首が痛くなるだろうほどのサインを、終始笑顔でされていました。

山元さんのお話は、
豊富な経験や知識からの、こういう時にはこうした方がいい
っというお話ではありません。

こんな事があって、私はこう感じ、こう思い、こうしようと思いました。
そういう風にお話をされます。

それが私にはとても心地いいんです。

こうしよう、こうしなくちや・・・っと思っていても、
うまく出来ない困難さ、苦しみが伴うことをわかっておられるからだと思えます。

きっと、この優しい笑顔以上に、沢山悲しい涙を流した人なのだろうな・・・っと思いました。
そして、本当の強さを持っている人だと感じました。

講演会に参加できて、本当に幸せでした。

会場の雰囲気もとても素敵でした。
あの会場にいられたことを幸せに思います、ありがとうございました。


最後に、山元さんと虹色の月のメンバーで写真を撮って頂きました。

a0145374_14293845.jpg


またお会いできる日まで、私たちも頑張ります!!



yasuco
[PR]
by teotsunagou | 2011-08-08 14:39 | 日々のこと