虹色の月、広報担当のyasucoのblogです
by teotsunagou
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
お知らせ
事務局メンバー紹介
日々のこと
診断までの道のり
お薦めのもの
ランチ会の様子
オフ会のご案内
オフ会の様子
講演会のご案内
成長の一歩
困ったこと
支援グッズ
以前の記事
2014年 07月
2013年 01月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
最新の記事
またまたお久しぶりです
at 2014-07-03 15:00
お久しぶりです
at 2013-01-31 12:11
もうすぐ卒園です
at 2012-03-15 00:31
ニキ・リンコ × 浅見淳子 ..
at 2012-02-03 19:45
明けましておめでとうございます
at 2012-01-14 11:43
検索
広島ブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
言葉よりも何よりも・・・
先週の親子会の様子を早くお知らせしたいと思いつつ・・・

今日とっても感激したことがあって、
こっちを先に書きたくてたまらないので、書かせて下さい゚+.(・∀・)゚+.゚

今日、もの凄い豪雨の中、車で40分かけて外来療育に行きました。

前半は大好きなボールプールのあるプレイルームで思いっきり遊べるし、
後半のお勉強の時間も、
今はまだA-ちゃんがやりたいことをやりたいだけやらせてもらってるので
A-ちゃんもとっても楽しみにしています。

今日のお勉強の時間も、大好きなアルファベットのおもちゃで遊び始め・・・

A-ちゃんの気をひけたらいいなぁー・・・的な感じで、
A-ちゃんのすぐ近くで先生は違うことをしています。

しかし、アルファベットの魅力には勝てず、ことごとく無視をされる先生・・・。

何度かA-ちゃんにおもちゃを投げ捨てられた先生は、
それでも私はめげません!(`o´)ゞ とばかりに
「A-ちゃんって数字も好きですよね?」っと私に聞かれるので、
「はい、数字も好きです」っと答えると、
部屋にあるホワイトボードに声を出して読みながら数字を書き始めた先生。

A-ちゃんも今回ばかりは気になったようで、先生をチラチラ見ていました。

それでもその時は何もせず、引き続きアルファベットのおもちゃで遊んでいるA-ちゃん。

「A-ちゃんは「こーやってこーするんだよ」ってこっちから教えるよりも、
近くで大人や周りの人がしてることをチラ見してマスターしていくみたいなので、
私はあまり教えるってことはしませんねっ」と言われた先生も、
何事もなかったかのようにまた別のことをしはじめます。

教えられるのが嫌いなのはプライドが高くて、
時間差でやろうとするのが天の邪鬼っぽい・・・っと思いつつ、
(人に触られるのが嫌だという触覚過敏であったり、
慣れてない人の顔が近くに来るのが怖い視覚過敏などが理由のようです)
確かに、A-ちゃんは見てないようできちんと見ていて、
私やみんながすることを忠実に再現してやってのけることが多いので、
先生の意向は私も賛同できたので、
私も2人の様子を近くで見ていました。


すると・・・

A-ちゃんがスクッと立ちあがり、

「ペンちょーだい」

っと、先生に(クレーンで)ペンを催促します。

先生からペンを受けとり、キャップを開けろと偉そうなA-ちゃん。

スタスタとホワイトボードの前に行き・・・

a0145374_22301524.jpg

アルファベットを書き始めました!!←数字じゃない(笑)

以前から、あの砂鉄がくっついてくるお絵描きので書けてる感があったので
ひょっとして書ける???っと思って、クレヨンと画用紙などを渡しても、
全然書けなかったA-ちゃん・・・。

あれは、書けなかったんじゃなくて、書きにくかったんだネッ!

a0145374_2233396.jpg

結局、AからZまで書けました゚+.(・∀・)゚+.゚
ついでに、先生の書いた数字の横に、1から10も書いてました☆

a0145374_22422659.jpg

横線が多すぎる「E」。

a0145374_2246727.jpg

「K」も苦手のようでした。

a0145374_22465071.jpg

努力の末、何かまったくわからなくなった「S」。


先生も私もテンションがあがりまくりで、2人でバッシバシ写真撮りました。
本当、先生がいなかったら並みの萌えっぷりではなかったと思います。

言葉よりもひらがなよりも、
何よりも先に、

今日、初めてA-ちゃんから出てきた私にも読み取れるもの。(*´艸`*)
(きっと前から書けてたんだと思うけど・・・)

A-ちゃんが書いたものが「文字」で、
1文字1文字が私にも読めて、
私の中に入ってくるのが不思議でした。

ただただ、嬉しくて。

気がつけば、療育時間が1時間もオーバーしてました。(^▽^;)


工夫すればA-ちゃんのコミュニケーション手段になります。
今は意味がない文字でも、書けるというのはとても強みで、凄い成長ですよね!

家の壁を全部ホワイトボードにしたいなぁー。

゚+.(・∀・)゚+.゚ ←何かを企んでいる


by,yasuco
[PR]
by teotsunagou | 2010-06-28 23:22 | 成長の一歩
「海洋天堂」を日本で公開してほしいですネッ
まっぴさんから以下のコメントを頂き、
是非、皆様にも読んで頂きたくてブログにUPしました。(`o´)ゞ

youtubeで映画の冒頭シーンが観れたので、それも載せますネッ



************************************  

ぼくはうみがみたくなりました」と同じように、自閉症を題材とした映画を紹介します。

中国のアクションスター、ジェット・リーが、
アクションを封印して自閉症の息子との情愛を演じる映画「海洋天堂」(原題)が
中国・香港・台湾で公開されています。

以下URLは映画「海洋天堂」の 公式サイトです。(中国語)
http://oceanheaven.yule.sohu.com/

こちらの特集サイトでは、
「海洋天堂」の出演者の写真や予告編動画などを見ることができます。
中国語ですが、映像や写真から映画の雰囲気は伝わります。
http://yule.sohu.com/s2010/oceanheaven/

この映画の音楽担当は、あの久石譲さんだそうです。
医学監修には日本人も関わっているそうです。

しかし、この映画は娯楽作ではないので興行的に不安があり、
日本での公開は難しいかもしれないそうです。

そこで、この映画の日本公開を目指して
『ジェット・リーの「海洋天堂」を日本で観たい!』というプロジェクトが始まったそうです。
以下URLはこのプロジェクトのサイトです。
もしよろしければ、ご協力をお願いいたします。
http://oceanheaven.amaterasuan.com/

************************************ 

まっぴさん、ありがとうございました゚+.(・∀・)゚+.゚
私もとても気になりますし、観てみたいです!

by,yasuco
[PR]
by teotsunagou | 2010-06-26 01:27 | お知らせ
手をつなごう通信 初号
お知らせが遅くなりました・・・。

以前から企画していました、お便り(手をつなごう通信)が5月に完成しました!

a0145374_23583289.jpg

a0145374_23585245.jpg


初めてのお便り作りで構成や文字数に苦悩し・・・
初めての印刷機と格闘し・・・
上の部分の文字が切れていますが・・・

みんなで楽しく作りました゚+.(・∀・)゚+.゚

5月にあった、1/4の奇跡の上映会で来場者の方に配布させて頂きました。゚+.(・∀・)゚+.゚

今、

◎以下の場所に設置させてもらっています。(*´艸`*)

サムエル未来こどもの園 様 (安佐南区大塚)

谷本小児科 児童デーサービス コアラクラブ 様 (佐伯区五日市)

髪屋 和 =かみや なごみ= 様 (西区高須)



◎以下の場所に掲示して頂いております。(*´艸`*)

専門学校福祉リソースカレッジ広島 様 (安芸郡府中町)

本当にありがとうございます!


これから、もっと増やしていき、沢山の人に手に取って頂けるよう頑張ります!

宜しくお願いします゚+.(・∀・)゚+.゚
[PR]
by teotsunagou | 2010-06-24 00:19 | お知らせ
辛口な感想と夢を持てた映画でした
星の国から孫ふたりを観に行きました。

今日のブログは、
この映画を観た自閉症児を持つ一人の親の感想だということをご了承ください。
とても正直に感想を綴ります。

私は映画を観る前に、映画監督のインタビューを読みました。
そこには、こう書いてありました。

「映画は常に希望を持てるように作りたいんです。
当事者は色々な悩みを抱え、本当はもっと暗くて大変だとは思うけれど、
こういう発想が出来れば良いなあと思えるような、光が見える映画にしたいのです。 」

私も暗い映画より、希望が持てて光が見える映画が観たいと思います。

けれど、
暗い闇がなければ光は見えません。
暗い闇がなければ光の大切さはわかりません。
希望は絶望の中で生まれるものだと思います。

自閉症児を持つ親として、
「こんな簡単じゃない」
「こんなあっさりしてない」
「こんなものだとは思われたくない」
そう思いました。
それから、
「母親がこーゆー人ならいいな」
「こんな兄弟がいたらいいな」
「旦那もこーなってくれたらいいな」
とか・・・希望というより、羨ましい気持ち。

リアリティがない・・・っと感じました。

以前から不安に思ったり、覚悟があったとしても、
あんなにあっさりと「自閉症」という診断を受け止めれる母親はいないと思います。
小学校から連絡があって、支援級の先生から
二時間目の授業中に子供がいなくなったと伝えられ、
「あ、大丈夫ですよ。警察の方に保護されてましたから。」っとサクッと言われて、
黙ってる親もいないと思います。

これでは当事者でない人にも光しか見てもらえない・・・っと思いました。

光の中で、光は映えません。

けれど、勉強になることもありました。
視覚過敏や聴覚過敏について納得したり、へぇーって思うことはありました。
なんていうんだろう・・・
映画というより、映画風に作られた教材的な印象を受けました。
例えば、学校の先生たちが発達障がいを知るために、教育○員会とかNH○さんが
わかりやすく作ったVTRという感じの・・・。

ちょっと辛口な感想を綴りましたが、まったく違う感想もあります。

私は、この映画を観て、「自分の母親がこんな母親だったらいいな」
っという羨ましい気持ちが一番強く残りました。

以前、私はA-ちゃんの初めての運動会があった後、
体調不良が手伝って気持ちが辛くなり、
自分の母親と妹に泣きながらこう言ったことがあります。

「日にち場所も知っていたくせに、なぜ運動会に来てくれなかったの?!
自閉症のA-ちゃんから逃げないで!!凄く頑張ってたのに!!
A-ちゃんをきちんと見てやって、知ってやってよ。
私からも逃げないで!家族がいるのに助けてもらえないのが辛くて淋しい!」

妹は、
「私も何かしてあげたいと思いながら、足が遠のいていた。
嫌悪感を感じていた。ごめんね・・・。」
っと言って、以前より我が家に足を運んでくれるようになりました。
1/4の奇跡の上映会にも来てくれました。

母には、「今のあんたとは話したくない。」っと言われました。
私が体調が悪くて、泣きながら取り乱していると思ったのでしょうか・・・。
当時はまだ祖父が生きていたので、そっちで頭がいっぱいだったのでしょうか・・・。
ずっと胸に閉じ込めていた助けてほしいという甘えをサックリ断ち切られました。
母自身、まだA-ちゃんの障がいと向き合うことと闘っているのかもしれません。
母なりに、我が子が自閉症児の親になったことをどう受け止めたらいいのか、
悩んでいるのかもしれません。
いや・・・私の知る母なら、ちょっと違うかも・・・。(^_^;)

今となっては、言うことは言った・・・
あとは私自身がどういう風に物事をとらえて、どうするかだな・・・
そう思えるようになりました。

当事者がこんな事を自ら言い出すのもどーかと思いますが・・・
いい機会なので、正直に綴りたいと思います。

障がいを持つ我が子に支援者が必要で、
その支援者や理解者を残してやるのが親の務めだと思っています。
我が子達が地域で生きていきやすくしてやることが出来たら・・・と思っています。

けれど、その親にもまた、支援者が必要なんです。
親が安定し、前を向いていないと、子どものいい療育は出来ないと思っています。
親が笑っていないと、子どもは笑ってくれないことを私は実体験しました。

子ども達だけではなく、私たち親自身も、
誰かに支えてもらったり、応援してもらいたいと思っています。
私は、A-ちゃんの支援者を求めながら、自分の支援者も求めているんだと実感しました。

代表としての勝手な願いかもしれませんが・・・

手をつなごうは、
第一に、親の気持ちを大切にできる場所でありたいな・・・そう思いました。

そのうち、
もっともっと私たちが成長できた時、
同じ道を歩み始めた人達・私たちが歩いてきた道を歩こうとしている人達の、
とても身近な支援者になれる日が来ればいいな・・・

そんな夢を持ちました。

えらそうに・・・って感じですが・・・

私一人では無理でも、みんながいてくれたら出来ると思えるのです。


by,yasuco
[PR]
by teotsunagou | 2010-06-23 01:00 | 日々のこと
敏感なようで鈍感な男
牛乳大好きたつ坊、毎日かなりの量を飲んでます。
うちの子は偏食もあるんだろうけど、そもそも「食わず嫌い」が大きいんだと思う。
牛乳だって、今までどんなに勧めても嫌がってたのに、ある日突然自分から「のむ~」と言い出しました。
こどもって気まぐれねぇ…。

そんなわけで、おやつの時もごはんの時も牛乳をグビっと飲んでます。
でもね、ひとつ問題がありました。
決まったメーカーのしか飲まないの!!
大手のメーカー(ロゴは大好き)も嫌がるし、スーパーのプライベートブランドなんてもってのほか。
チー坊が描いてある赤いやつしか飲みません。(メーカー名って出さない方がいいのよね?)

コップに注いでしまえば分からんだろうと思って別メーカーのを買っておいたら、
自分で冷蔵庫開けてチェックしてるんです。トホホホ。

毎回息子の言うなりになるのも癪なので、ちょっと考えてみました。
”チー坊の空きパックに別メーカーのを詰め替え作戦”
もちろんバレないようにこっそりと…。

結果。見事に騙されてました(笑)
「ちーぼうのミルク、うまーい♪」だって。しめしめ。

もしかして、味覚が鋭くて僅かな味の違いが分かるのかも!とワクワクしてた部分もあったので、
単にデザインの好き嫌いだったのかーと分かって脱力です。
チー坊がついてれば何でもいいのか?!

敏感なようで結構鈍感なんだなぁと苦笑い。そんな母を横目に、たつ坊は今もおいしそうに飲んでます。


by きりん
[PR]
by teotsunagou | 2010-06-15 20:07 | 日々のこと
ぼくうみ 呉 上映会
先日のブログにも記載しました、

「ぼくはうみがみたくなりました」呉上映会の詳細をお知らせ致します。(`o´)ゞ
↓クリックして下さい。大きな画像がご覧頂けます☆
a0145374_19191045.jpg


場所 : 呉市広市民センター 広公民館ホール(3階)
呉市広古新開2丁目1番3号 tel 0823-71-2151

※呉市広市民センターには駐車場がありますが、台数には限りがありますので
出来るだけ公共機関をご利用の上お越しください。

上映時間 : 13:30~(13:00 開場)

入場料 : ¥1,000(幼児無料)

予約・お問い合わせ先 :
090-3375-3336(志和)、090-9468-3609(岡崎)
※電話受付のみとなっております。

呉でぼくうみを上映する会HP
呉でぼくうみを上映する会携帯用HP

是非、お近くの方はご覧ください゚+.(・∀・)゚+.゚
[PR]
by teotsunagou | 2010-06-14 19:19 | お知らせ
6月の親子会
6月の親子会の案内です。

12日(土) 廿日市市あいプラザ 3階 ふれあいルーム&けんだま公園

11:00~16:00頃まで出入り自由です。
昼食などはご持参ください。

26日(土) 場所未公開

11:00~16:00頃まで出入り自由です。
昼食などはご持参ください。

26日(土)の親子会にボランティアさんを募集しています。

ある方との対談がある為、その間、子どもたちが危ないことをしないよう、
部屋から出て行かないよう、一緒に遊んでくれる方を募集しています!
(親も同じ部屋にいます。部屋自体も危険が多いところではありません。)

場所や時間など折り返し連絡致しますので、
コメントにメールアドレスなど記載して頂くか(公開はいたしません)、
teotsunagou2009@ybb.ne.jpまでメールを下さい゚+.(・∀・)゚+.゚

宜しくお願いします。
[PR]
by teotsunagou | 2010-06-11 00:22 | オフ会のご案内
今日も変わらず
a0145374_18463797.jpg


トミカが渋滞中。


A-ちゃんがいない間に片付けても、

毎日、家のどこかで綺麗に並んでます。(`o´)ゞ

たまにさかさまだったり、

横列駐車だったり、

縦列駐車だったり。


今日はちょっと、邪魔なところに列ができました・・・。


by,yasuco
[PR]
by teotsunagou | 2010-06-09 18:52 | 日々のこと
星の国から孫ふたり
呉でぼくうみを上映する会の志和様より、
「星の国から孫ふたり」のチラシを送って頂きました。゚+.(・∀・)゚+.゚

a0145374_1731993.jpg


以下が詳細になります(`o´)ゞ

上映日 : 2010年6月19日(土)〜7月2日(金)1日1回上映、2週間ロードショー

上映時間 : AM 10:15 〜11:55
※6月20日(日)、槙坪監督の舞台挨拶があり。この回の上映は要予約。

【前売券】
・劇場前売1,300円
・パオ特別協力券(前売り) 大人1,000円 高校生以下・障がい者800円
※パオへ電話、FAX 、メールで名前、住所、電話番号、チケット枚数をご連絡下さい。

【主催】 広島「星の国から孫ふたり」上映実行委員会
【共催】 特定非営利活動法人 広島自閉症協会
【後援】 社会福祉法人 広島市手をつなぐ育成会


上映会場:広島サロンシネマ(2週間ロードショー)

【会場アクセス】
広電宇品線 鷹野橋駅より徒歩2分
会場住所:広島県広島市中区大手町5-8-6

連絡先:Tel.082-241-1781

チケット&お問い合わせ窓口:広島事務局(伊藤瑞恵)

窓口連絡先:Tel.082-261-5271 Fax.082-261-5271

星の国から孫ふたり公式HP

パオ公式HP(パオ特別協力券連絡先)


志和様、ありがとうございました。
私も必ず観に行きますネッ!!゚+.(・∀・)゚+.゚


8月22日(日)に呉でぼくうみが上映されます!
詳細は、チケット販売開始に合わせて掲載させて頂きます。(*´艸`*)



by,yasuco
[PR]
by teotsunagou | 2010-06-03 17:13 | お知らせ
小さな木のお家
今日、お迎えに行った時に「今日は見てもらいたいものがあります!」
っと、加配の先生から2枚の写真を見せてもらいました。

A-ちゃんが好きなマザーグースの部屋に、
シルバニアファミリーみたいな小さい木の家があります。
1枚目は、その小さい木の家の写真でした。


初めて今の保育園に行った見学会の日、
園長先生のお話を聞く間、目の前におやつとヤクルトがあるのに食べることが出来ず、
我慢させられて大発狂だったA-ちゃん。
結局、食べれる時には機嫌が悪くなりすぎて隣の子にヤクルトをぶちまけてしまいました。
しかも、ぶちまけた上にその子のヤクルトを飲もうとしたりして・・・(;一_一)

その後もギャーコラ言いながら、破壊王と化して、お友達が作っている物を壊したり、
お友達が楽しそうに遊んでいるものをへっちゃらで奪ったり・・・
その小さな家のイスとか人形をぐちゃぐちゃにしたりというかぶちまけたり・・・
A-ちゃんの行くとこ行くとこでお友達やそのご家族、先生に謝って歩いてました。

ズバ抜けて目立ってるから、先生の視線も感じたし、
いつもこんな感じなわけではないけど、間違いなく手がかかると判断されただろうな・・・
(まぁ、実際、手がかかるというか目が離せませんけど・・・)っと、

「あー・・・またこの園でも断られるわ・・・( ´_ゝ`) 」

っと、あの小さな家の家具や人形を元の位置に戻していたあの日。

そんな痛い記憶が一気に蘇ります。





その後に、「これ、観て下さい(*´艸`*)」っと見せてくれた写真です。
a0145374_23234273.jpg

A-ちゃんがやったんだそうです。
しばらくじっくり見て、その後、もの凄い感動が押し寄せました。

こんなことが出来るようになったんだ・・・゚+.(T∀T)゚+.゚


この3人は、とーちゃん、かーちゃん、A-ちゃんなんかな?

この布は、こたつ布団?(主人の実家では、こたつ板をしないんです)
それともテーブルクロス?

このテーブルの上のものは食べ物なんかな?

1人は空中イスだし、1人はずり落ちてるし、向こうの人は椅子が斜めになってるわ(^_^;)

泥棒でも入ったかのように家具がガッパガッパ開いとるわ・・・。


1枚の写真に釘付けになり、色々想像して笑いが出ます。

A-ちゃんは映ってないけど、A-ちゃんの思いや成長が沢山写っていて。
A-ちゃんがひとつひとつ考えて置いて作った、3人の空間です。


じっくり見れば見るほど、とても愛おしい1枚の写真だと感じました。

いつの間に、こんなことが出来るようになったんだろう・・・
嬉しくてたまりませんでした。


そして、こんなことをこんなにも時間をかけて出来るようになるA-ちゃんといると、
「出来ること」って本当に素晴らしいし、愛おしいんだなって思えます。


by,yasuco
[PR]
by teotsunagou | 2010-06-02 23:51 | 成長の一歩