虹色の月、広報担当のyasucoのblogです
by teotsunagou
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
お知らせ
事務局メンバー紹介
日々のこと
診断までの道のり
お薦めのもの
ランチ会の様子
オフ会のご案内
オフ会の様子
講演会のご案内
成長の一歩
困ったこと
支援グッズ
以前の記事
2014年 07月
2013年 01月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
最新の記事
またまたお久しぶりです
at 2014-07-03 15:00
お久しぶりです
at 2013-01-31 12:11
もうすぐ卒園です
at 2012-03-15 00:31
ニキ・リンコ × 浅見淳子 ..
at 2012-02-03 19:45
明けましておめでとうございます
at 2012-01-14 11:43
検索
広島ブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
A-ちゃんも闘っています
この4月でA-ちゃんも年中さんになりました。

保育園に通い出したのは、去年の5月。
もう1年が経つんだな・・・っと、1年前を思い出すことが多い今日このごろです。
A-ちゃんのことはもちろんですが、自分のことも思い出します。

1年前は、他の園児さんの保護者の方に送迎で会うことが嫌でたまらなくて、
心のシャッターはカギをつけて閉ざしまくっていました。
何より、他の園児さんの「出来ること」を見るのが嫌でした。
親子で言葉の意思疎通ができているのを見るのが、羨ましくて。
いつもは「私は私、人は人」とか思って、「人目はあまり気にしませんから!」みたいな私が、
人の事を羨ましく思っていることにイライラしてたんだと思います。

とにかく、

自分にはないものをみんなはもっている。
A-ちゃんができないことをみんなはできている。

そう思って卑屈になっていた1年前だったな・・・っと。

あれから1年経ち、A-ちゃんが年中さんになると同時に、園でクラス替えがあったのと、
年長さんが卒園し、年少さんが入園してきたので、クラスの子たちの顔ぶれがかわりました。
A-ちゃんも数日困惑している様子でしたが(今も困惑の最中かもしれないけど・・・)、
他の園児さんもまだまだ淋しさととまどいの中にいる子がいるのを感じます。
そんな中、送迎の時にはあまり見かけなかった光景を何度か見るようになりました。

登園の支度をしたA-ちゃんが、
ままごとのコーナーや積み木のコーナーに行くと、先に登園した子がいて、
その子たちに「来るな!!」っと大きな声で訴えられたり、
時に押しのけられたり、服を掴まれているのです。
その度、自分の気持ちを相手に伝えることが出来ないA-ちゃんはビクビクした様子で
たまにどうしたらいいのかわからなくなるようで、自分の頭を叩いたりしています。

すぐに先生が間に入ってくれるのですが、
先に遊んでいて何かを作ったり遊んでいるところへズカズカ入って来られるのだから、
その子たちが怒るのも無理はありません。
本当なら、「僕も積み木を使いたい」「僕もままごとがしたい」と伝えるべきだよね・・・っと。
A-ちゃんはそれが出来ないからしょうがないよねっと配慮するのではなく、
遊びのルールを教えてくれるその子たちの存在も必要なのだと思います。
そして、その子たちも、A-ちゃんと何度もそーゆーやりとりをする中で、
みんなの協力や支援が必要な友達がいることを感じてくれるといいな・・・っと思い、
本当は飛んで行って止めに入りたい気持ちをぐっとこらえて見守っています。
そして、保育園であったことを話してくれるなんてこともないので
考えたことがなかったけど、A-ちゃんも保育園という社会で闘ってるんだな・・・
ままごとしたり、積み木したり、
先生を巻き込んでwiiのポーズや変なダンスをしたりしてるだけじゃないんだな・・・
毎日楽しそうに笑っているけど、辛いことや悲しいこととも闘ってるんだな・・・
っと改めて感じ、私も頑張らないとな・・・っと思いました。
私には自分の気持ちを人に伝えることができるんだもの・・・っと・・・。

先日のぼくうみの上映会で販売していた山下さんの本に、こんな文がありました。

私はヒロキを可愛がってきたというより、

ずっとヒロキと闘ってきていたのだから。

いつしかヒロキの存在自体が、私の人生の羅針盤であり、

私の好奇心を導き出してくれる原動力だったのです。

だから、ヒロキがいないと、私は道に迷ってしまうのです。

子離れできない父親みたいです。


(おさんぽいってもいいよぉ~より抜粋)

この一文にもの凄く共感しました。

私がそうだと思います。
A-ちゃんは私の人生の羅針盤で、原動力。
日々そう思います。

1年後の今、

みんなにはないものを私は持っている。
みんなができないことをA-ちゃんはできている。

そう思えるようになり、閉じてた心のシャッターも開けるようになりました。
相変わらず中の心はガラスのハートで・・・すぐ砕けますが・・・。
それも私です。
それが私です。(`o´)ゞ


by,yasuco


お知らせです。

月刊情報誌のTJ Hiroshimaに
「1/4の奇跡の広島上映会」の記事が掲載されているそうです。
P111に掲載されているので、ぜひご覧くださいヾ(*`▽´*)ノ

[PR]
by teotsunagou | 2010-04-29 01:28 | 日々のこと
ぼくうみ上映会の手伝い
今日の広島は晴れていてとても温かい日でした゚+.(・∀・)゚+.゚

「広島でぼくうみを上映する会」に最強の晴れ女がいるのかも・・・っと思いながら、
ぼくうみ広島上映会の手伝いに行って来ました。(`o´)ゞ

a0145374_1925161.jpg


受付です。
みんな同じ手作りTシャツを着て名札をつけています。
一丸となってやってる感があり、関係者だとすぐにわかっていい感じでした゚+.(・∀・)゚+.゚
(私は原色が似合わない・・・っと鏡の前で再確認)

a0145374_19323765.jpg

手作りハンコと、当日券・予約券用の入場券です。
こちらも、手作りでとても素敵でした。

a0145374_19341091.jpg

山下さんへのカンパ箱です。
こちらも手作りです。

a0145374_20583629.jpg

映画のパンフレット、サントラ、原作本、実話本を販売しています。
想像以上に購入される方が多かったのでビックリしました。

午前中の退場の際に、物販担当になったんですが、

「おつりはカンパ箱でいいですヨッ!」

っと言われた方がおられ、とても嬉しく思いました。
男性の方だったんですが、

「とてもいい映画だったから、嫁にも見せたい!
原作本は嫁が観てから買うから、実話のこっちの本を買わせてもらいます!」

っとキラキラした素敵な笑顔で言われていました。

他にも、「とてもいい映画だった!」「おもしろかった!」など、
凄く素敵な笑顔で映画の感想を言って下さる方が数名おられました。
中には、
「うちの地域でも上映会がしたいんだけど、どうしたらいいの?」
「DVDとかにはなってないんかね?」
「また広島でも上映会する予定ってあるの?」
っと言われる方もおられ、
私自身、手伝いと言っても当日突然現れた程度なのですが、
映画に対する反響の凄さにとても感動しました。

知人や友人も数名来て下さいました。
こどもが同じ園のお母さんも数名来て下さり、
上映会終了後、

「この映画を作成してると知ったのが、子どもの障がいがわかった頃で。
その頃からずっと観たいって思ってて・・・。
今日この映画を観れて本当によかった。
上映会がある事を教えてくれてありがとう。」

っと涙を流しながら言ってくれる方がいました。

私にとって、その人の涙は沢山の時間や沢山の想いの詰まった、
とても深い意味のあるものでした。
何度もお礼を言われながら、私も感極まり一緒に泣いてしまいました。

a0145374_2102759.jpg

会場内です。
私が行った上映会より数倍大きいスクリーンでとても観やすかったです。
14時からの部をギリギリまで観て帰りました。
2回目には2回目の視点があり、
1回目では気づくことができなかった部分まで観ることができて、
繊細に作られた映画だと改めて実感しました。

上映会の皆さんは今日の為にとても忙しく色々されていて本当に大変だったと思います。
手伝いをさせてもらいながら、
今回上映会を企画してくださったことを本当に感謝しました。

いつの日か・・・手をつなごう主催で上映会をしたいなぁーって思いました。
大きな会場はおまかせして、
地域に入り込んで、公民館や集会所、幼稚園・保育園や学校でやってみたいな・・・っと。


もっともっと沢山の人が、
我が子たちの不思議な魅力に笑顔を向けてくれるといいな。
そして、
我が子たちがいつも笑顔でいれるといいな。


by,yasuco
[PR]
by teotsunagou | 2010-04-26 21:50 | 日々のこと
母の夢
まだまだ寒い日があったりする今日この頃ですが、
GWが間近になりました。

GWといえば!!

潮干狩りのシーズン到来です!!

去年調子にのってたら2回しか行けなかったので、
今年は晴れた日で汐のいい日は必ず島に行くぞ!!!ヾ(*`Д´*)ノ
っと、やる気満々で早速行って来ました。
前日にインターネットで下調べをし、

汐の時間もOK!
天気もOK!


だったはずなのに・・・


現地に到着して目にした張り紙ときたら・・・


「潮干狩り次回 4月26日~5月6日」

ですって。


やってないじゃーん ガ━━(゚Д゚;)━━ン!
めちゃくちゃ張り切って、潮干狩りルックで来たのにぃー!!
ってなりましたが、

そこは島が大好きなかーちゃん。

「釣りしよう!!゚+.(・∀・)゚+.゚」

っと、
A-ちゃんを連れて釣りは無謀だと思っていたけど、

「男の子が産まれたら一緒に釣りに行きたい!!」

という、
お父さんが抱きそうな夢を叶えるべく、
釣り具屋に飛び込んで、
さびき釣りの釣り具を一式揃えました。(`o´)ゞ←趣味にお金を惜しみなく使うタイプ

道路からすぐに波戸だと危ないので、
駐車場が広くて、傍に浜がある波戸を探して
早速、チャキチャキしかけを作って釣りを始めました。

A-ちゃんはキラキラする海が気になって気になってたまらないようで、
波戸から身を乗り出して水を触ろうとするので、とーちゃんに浜に拉致られてました。


a0145374_085255.jpg

お気に入りの靴のままガツガツ海に入るA-ちゃん。
海の水と、砂浜の砂が超魅力的のようでした。


a0145374_0102884.jpg

浜に飽きたA-ちゃんは、
波戸の階段を走りまわったり、
wiiのヨガのポーズをしてみたり、
不思議なクネクネダンスをしてみたり、
隣の家族のジュースをしれーっと飲もうとしてみたり・・・
終始楽しそうでしたが、予想通り目が離せず大変でした。(^_^;)


a0145374_0125869.jpg

ふとした時に、座って海を眺めていたA-ちゃん。
何を思っているんだろう・・・
っと、小さな背中を見つめていたら、
スクッと立って、

「あいうえお!!」
って大声で叫んで笑ってました。

どして、あいうえお?・・・(^▽^;)


汐が悪かったのか、釣り慣れしていて魚が賢いのか、釣果はゼロ。

途中トイレに行きたくなったのに簡易トイレがもう使えなくなってて、
地元の人に近くにトイレが借りれそうなところがないか聞いたら
「あの大きい岩の陰でしんちゃい。大丈夫よ!私もたまにするから!」
と言われ・・・
この歳で外で・・・ってなるところだったけど・・・
(ちゃんと車飛ばして近くのスーパーに行きました)

約5年ぶりの釣り、楽しかったです!

次回は、隣に遊具のある公園のある波戸をみつけたので
そこに行ってみようと思います。

いつの日か、A-ちゃんと肩を並べて釣りができるといいな゚+.(・∀・)゚+.゚

とりあえず、潮干狩りのリベンジです。


by,yasuco
[PR]
by teotsunagou | 2010-04-26 00:38 | 日々のこと
ぼくうみが6月にも上映されます
先からお伝えしている「ぼくはうみがみたくなりました」の広島自主上映会が
とうとう来週の月曜日に迫ってまいりました。゚+.(・∀・)゚+.゚

主催者の方々は、スタッフ用のTシャツを作られたり、
消しゴムでチケットに押すハンコを作られたり、
山下さんへのカンパを募るカンパ箱を作られたりと、とてもやる気満々です!
午前中の部と夕方の部のチケットはほぼ完売だそうで、
昼の部がまだ空席があるそうです。
私も、数時間ですがお手伝いに行くことにしました。(`o´)ゞ

真っ青なスタッフTシャツが似合うかが心配です。

さて、6月に広島県安芸郡熊野町でもぼくうみの上映会があるそうです!
今回、日程が合わずに観れなかった方がおられましたら、是非、筆の町・熊野町へ☆
わかっている範囲で、詳細を載せておきます。


日時……2010年6月5日

会場……熊野町民会館(安芸郡熊野町中溝1-11-2)

上映……10:30~

主催……あゆみ後援会

問合せ・申込…障害者活動センターあゆみまで
メール(ayumi2007@cotton.ocn.ne.jp)または電話(082-855-2150)で


by,yasuco
[PR]
by teotsunagou | 2010-04-23 17:21 | お薦めのもの
脳波検査に行って来ました
先日、約1年ぶりの療育センターでの小児科受診の際、

「脳波の検査をしてみましょう」

っと先生に言われ、今日、脳波検査に行って来ました。

脳波検査を薦められた理由は、

・昼寝(だいたい13時頃から15時頃まで)をすると、0時位まで寝ないこと。

・少し違う環境で過ごして興奮してしまってたりすると、途中でいきなり泣いて起きたり、
寝る前に1時間位ケタケタ笑って寝なかったりすること。

・昼寝をしなかった日は、21時頃には寝るけど、
途中で起きて、1時間くらい笑ってたり、泣いたり、遊んだりしてしまうこと。

これらの睡眠障害が、本人の成長によくないことと、
それに付き合って母親の私が睡眠不足になっているのもよくないということで、
とりあえず脳波検査をして睡眠障害の原因を調べてみることになりました。

いきなり初めての部屋で初めての人がいる中、

「では、検査するので寝てくださいねー(`o´)ゞ」

っとか言われても寝れないかもしれないから・・・と、入眠剤を処方されましたが、
検査室に通されてしばらくは大パニックでしたが、薬も飲ますことなく寝てくれました。

なぜかというと・・・
前日に主人の実家に行き、
田舎の広い家は走り甲斐があるので、常に走っていろんなところへ逃走し大興奮!
田んぼや畑や庭石や・・・
もうとにかくA-ちゃんにとっては魅力的なものが満載゚+.(・∀・)゚+.゚

a0145374_0192218.jpg

上を目指す男と、その父。

こんな感じで、昼寝の時間も惜しんで動きまわって大ハッスルだったので、
何度も起きてケタケタ笑って踊りまくる・・・睡眠障害てんこ盛りの前夜祭でした。
(そんな我が子を母は死んだよーな顔で90%目を閉じて見守るのがやっとでした・・・)

a0145374_0523290.jpg

脳波検査の様子。
※検査終了後、許可をとって写真撮影しています。

40~50分の検査で、
A-ちゃんが目覚めた時に傍にいてやりたいと思い、傍にいたんですが、
途中、どーにもこーにも眠くなり、
目も開けてようと努力すればするほど誰にもお見せできないような凄い顔になっていくので
いさぎよく寝よう・・・っと思った矢先・・・

パンッ!!

っといきなり大きな音が・・・。

先生・・・何かするなら声かけて下さい・・・心臓少し止まりましたよ・・・。|;il:i(-ω-`;)ll|l|
っと、
急に起きたもんだからひろみ郷もビックリするほどのくっきり二重になってる私など、
まったく気に止められることなく、
(奥二重が急に起きると二重になりませんか?しかも、凄い濃い顔になりませんか?)

続けて、

ピュ~

っと可愛い高い音が。

どーやら、寝てる間に色々刺激をして脳波の変化を調べている模様・・・。

この後、足の裏やおなかをコチョコチョされたり、電気をいきなり暗くされたりしてましたが、
A-ちゃんはどれにも無反応でした。

私ももう寝れなくなり、終わるまでしばらく二重のままボーッとしてました。

無事に検査が終わり、
(結局、入眠剤を飲んでも寝れずに何度も再検査になる子もいるようです)
来月の検査結果を待つだけです。

てんかんの脳波が出なければいいな・・・。
それが少し怖いです。


yasuco
[PR]
by teotsunagou | 2010-04-19 23:58 | 日々のこと
ぶきっちょ画伯


Cacca家の次男は、OTの療育を受けていますが
とにかくぶきっちょです。

とくに、指先を使う動作がもーれつに苦手!!

お箸もすぐにめんどくさくなっちゃって、手掴みー(;´Д`)
えんぴつも筆圧がなく、みみずが這うような字を描きます。

OTの先生曰く、自分の身体の感覚統合(特に手)が
まだ弱いんでしょうね~。と。


ボディーイメージがどこまで統合されているか
てっとり早くわかるのは
人物画なんだそうです。


次男はお絵かきはお好きなようですが
あまり人物画は描きません。

顔だけなら描いてるんだけどなー(´ε`@)
もしかして、胴体自体、統合されてない・・・??(;゚д゚)

でもでも、
とっても味のある絵を描くんですよー。

本日は、
ぶきっちょ画伯の作品を一部ご紹介(✿ฺ´∀`✿ฺ)ノ


初めての、人物らしい物体(次男2歳ごろ)

a0145374_13472326.jpg











【最近の画伯の作品】

せんしゃ

a0145374_13483385.jpg














かぶとむしとくわがた

a0145374_13495094.jpg



















かいけつゾロリのナジョー (どらえもんかと思った(笑)))

a0145374_13512935.jpg
















ゾロリのとなりがナジョー↓↓

a0145374_13521642.gif







ぶきっちょ画伯の師匠の絵(長男)


初めての人物画(3歳)

a0145374_13532884.jpg














たんじょうびに描いてくれた私(5歳)

a0145374_13551146.jpg


























なんともすっとんきょうな師匠とぶきっちょ画伯の絵。
このゆるさが大好きです(o→ܫ←o)



By,Cacca,
[PR]
by teotsunagou | 2010-04-16 13:21 | 成長の一歩
☆ピカピカの一年生☆
先週、ナルは小学生になりました☆

入学するまで、今まで経験したことのないような不安とかで押しつぶされそうになってたけど、今のとこそんな母の心配をよそに張り切って通っております。


入学式は、他の学校と違ってうちの学校は新設校なので式の後で開校式もあって、かなり長時間になったけど、前日のリハと慌てて作成したソーシャルストーリーが効いたのか、かなり落ち着いて参加できました!!

入学受付→6年生に教室(1-2)まで連れてってもらう→担任から入学式の説明を聞く→並んで体育館へ行く→入場→式→退場→教室に戻ってトイレなど→また並んで体育館へ行く→開校式→教室に帰る→話を聞く→(みんなはここで解散だけど)ひまわり学級へ行く

と、何とも長丁場。
でも、不満を一言ももらさずに居たナルはかなり立派☆
…ひまわり学級に行った時、ちょっと緊張の糸が切れたのか「はぁ~~~疲れた。早く帰りたい。」と言った。
それを聞いて、ちゃんと言う場所を考えてたナルに感動!!
(教室でも「まだぁ~~??」とか言ってる子もいたのに)


かなり凛々しいナルに感激した1日でした。


そして翌日から登校。
はじめは2時間とか3時間なので、なかなかゆっくりできなかったし、片道30分で半分以上は上り坂の道のりを10キロオーバーのリリを抱っこにおんぶで歩かないといけない…。
もう、シャンプーするのも困難なぐらいに腕がカッチカチになってたε=ε=ε= 。・゜(゜ノT-T)ノ


でも、ひまわり学級で楽しく過ごし、交流でちょっと戸惑うようなことがあってもその旨をしっかり担任に伝えることができて、しかも担任もそんなナルの話をじっくり聞いて気持ちを汲み取って受け入れてくれて、丁寧に対応してくださったので(交流での様子が気になるから電話して聞いたの)、ひまわり&交流学級の2人の担任は大丈夫♪と思えたので、体はグダグダでも気持ちはルンルン♪♪


まだ通い始めて数日だけど、たったその数日間でもまたナルは成長したんだと実感できて、すごく嬉しかったです!!


今日から給食が始まったので、母もリリも少しは家でゆっくりできます。
リリは11時前から寝てしまってます☆
いつもは抱っこにおんぶの登校も、今日は雨のためレインコートと長靴と傘でウッキウキだったので、しっかり歩いたの。
だから疲れちゃったんだろうね~~~ヾ(´ε`*)ゝ


まぁ、ちょうどいいや☆

先週から国語だけ公文を始めて、今日は公文の日なので…。
今のうちにしっかり寝ててね、リリ♪




てなわけで、ナル、とっても頑張って張り切ってます!!





by.ひろ
[PR]
by teotsunagou | 2010-04-12 12:21 | 成長の一歩
安佐動物園にお花見に行って来ました
先日、9家族総勢20名で安佐動物園にお花見に行って来ました(`o´)ゞ

とっても天気もよくて、
日ごろの行いがいいのか桜も満開!!

待ち合わせ時間を30分早めようぜ!!゚+.(・∀・)゚+.゚

っとかやる気満々なことを言いだした割には、
ガッツリ20分遅刻してみんなを待たせてしまった私・・・すいません。

a0145374_21311884.jpg

お見せできないのが残念なくらい、みんないい顔しています(*´艸`*)

遊具のある公園の少し手前でお弁当を食べました。
a0145374_21304049.jpg

後で気づきましたが、全然桜がないところをチョイス。

a0145374_21354889.jpg

自販機が大好き(*´艸`*)
普段人が見ないようなところもきちんと見てて、そーゆーところが好きらしいです★

a0145374_2137197.jpg

単にジュースが飲みたいだけ。
ガタガタ震えながらもアイス食べてました。

新小学1年生組さんは、ポニーに乗りました゚+.(・∀・)゚+.゚
a0145374_21412310.jpg

ポニーに乗ってる顔がとても誇らしげで頼もしく、感動しました。
何かを成し遂げるという「達成感」は大切なんだなぁーっと思いました。
できないことをさせるのではなく、
本人がしたいと思うこと、できることをさせてやって
達成感を味わうことの大切さを、
この時初めてちゃんと理解したような気がします。

a0145374_21495373.jpg

本日、最初にして最後の桜ショット・・・。
花見なんてできないだろうねーっとか言ってたのに・・・
それどころか、
桜の存在すら忘れてました・・・(`o´)ゞ

何を思ったのか、かぶってた帽子を急に池に投げいれるA-ちゃん・・・Σ(・oノ)ノ
「左足がつる!!左足がつる!!」っと、連呼しながらRU☆RIちゃんが取ってくれました。
a0145374_22135562.jpg

無事に救出した時には、周りの知らない人たちも拍手喝采でした。(笑)


解散後。
一日中A-ちゃんを抱っこしたりおんぶしたりしていたので、
腕がワナワナで肩も凝って疲労感が凄くって、
おそらく運転しながら目が血走ってましたが・・・

とても楽しかったです。

みんなそれぞれの楽しみ方。
みんなそれぞれの世界。
それを受け入れてもらえる空間。
子どもたちの笑顔や楽しそうな声。
それが何ものにも変えられない活力になってました。
とても心地いい疲労感でした。

また野外へみんなででかけたいです。゚+.(・∀・)゚+.゚


最後に。
a0145374_22383812.jpg

この日、
A-ちゃんが初めてちゃんとした2本指のピースをしました☆(裏向きですが・・・)
母子初めてのピースツーショットです(*´艸`*)萌

yasuco
[PR]
by teotsunagou | 2010-04-05 23:08 | 日々のこと
ぼくはうみがみたくなりました
先日(3月19日)に、療育センター主催で行われた
ぼくはうみがみたくなりましたの上映会に行きました。

その様子などが、今日の18時半からRCCテレビで放送され、
その番組の中で、今日が自閉症啓発デーだということを初めて知りました。
初耳だった自分の無知っぷりに心が折れつつ、
ぼくうみを広島で上映する会のメンバーの皆さんが頑張っている姿を改めて拝見し、
励まされたので再度お知らせします。

4月26日に、広島でぼくはうみがみたくなりましたの上映会があります。
詳しくは、下記を参照してください゚+.(・∀・)゚+.゚

ぼくはうみがみたくなりました広島自主上映会

自閉症のこどもを持つ親として観て、
とても心温まるおもしろい映画で、会場でも笑い声が何度も聞かれました。
自閉症という障がいを持つ人の素敵なところも不思議なところも、
とてもわかりやすく写されています。
あと、兄弟児さんの苦しみも・・・。

一緒に行ったメンバーにも
「A-ちゃんじゃん!って思った」って言われましたが、
私も
「A-ちゃんこんな青年になるんだろうな」って思いました。

この映画は、自閉症を誤解している人や知らない人に観てほしいなって思いました。

また、
こんなに素敵な映画を作られたお父さん。
こんなに息子さんの特徴を愛おしく写すことができたお父さん。
息子さんに対する大きな愛を感じ、
息子さんを亡くされた時の苦しみがどんなものだったのだろう・・・
っと思うと、涙が止まりません。

自閉症という障がいを持つ息子さんへの愛が、あふれるほど詰まった映画です。

いつの日か・・・大きな映画館で上映されることを願って・・・




by,yasuco
[PR]
by teotsunagou | 2010-04-02 22:09 | お薦めのもの
卒園式
  3月6日。
 
 我が家には4人の子供がいます。
 4人のうち1人だけ息子様がいます。
 その、息子様の卒園式が先月にありました。
 その日は、あいにくの雨でしたが、卒園式はとっても良かったです。
 息子様の成長ぶりを見れた事。
 そして先生達や、同じクラスのお母様から頂いた暖かい言葉。
 本当に素敵な、素敵な卒園式でした007.gif
  
 入場・・・025.gif
 かなり心配でしたが、そんな親の心配をよそにしっかりとした、足取りで入場してきました。
 入場してから、ひな段で暫く、じっとしなくてはならない026.gif

 息子様にとっては、じっとする事は苦手な事・・・・・・・。どうなるんだろう・・・と様子を見てると、凄い!!!!

 いつも異常に、指噛みと耳たぶいじりは酷かったけど。 
 自分なりにそれをする事で落ち着かせているみたいで、他の子がゴソゴソしてても、
ご両親に 手をふっていても、じっと座っていました。
 担任の先生に、いつもは
 
 「先生が座らんといけんって言ってるから座らんと!!」と言って、皆に注意して、
 
 それで、みんなが座らなかったら、大暴れしてたのに、いい子に座ってましたね。
 本当に、お兄ちゃんになりましたね。と言って頂きました(>_<)

 いよいよ卒業証書授与。
 
 卒業証書を渡すときに、名前とその子の1番素敵な所を言って頂くんですが。。。
 息子様は 「正義感1番」を頂きました。
    お友達が困っていたり、良くない事をしていると、すぐに気付いて助けてあげたり、
    勇気を持っておしえてあげたりしています。

 担任の先生達が、息子様のマイナスな所をプラスに書いて頂いたんです。
 自分が納得いかないと気が済まない、間違った事を言ってるのに
 それを正しいと通したりなど、本当にいつも息子様の理不尽な投げかけに、
 困ったお友達もたくさんいたのに。
 それを正義感1番なんて・・・。
 本当に、先生やみんなに、ありがとうの気持ちでいっぱいになりました。
 

 それから、年中児から送る言葉があり、年子の妹はウロウロ、
 年中と年長さんの合同合唱では、雄叫びに近い歌声、そんな妹のKY行動のなか息子様は
  「みんなともだち」を泣きながら歌ってました(>_<)(>_<)
 それも、いつもちょと汚れただけで怒り爆発の、お気に入りの大事なウルトラマンのハンカチで涙を拭いなが ら、歌ってるんです。
  
 雄叫びのBGMも聞こえるなか、カメラを持つ手も震えるのを抑えきれないくらい、泣いてしまいました。
 隣に座ってるクラスのお母様から「本当にT君(息子様)は素直だね」の言葉に、さらに泣けました。
  
 卒園児合唱では、簡単な手話を交えて「さよならぼくたちのほいくえん」も
 泣きながら、泣きながら、一生懸命していました。
 
 朝ごはんを食べている時に、「まだ保育園行くのにお別れなん?おかしいわ!!」と言っていたのに、
本番ではお別れ=悲しい、寂しい気持ちがちゃんと分かってるんだなぁと思うと本当に、
 成長してるんだなぁと思いました。

  最後に同じクラスのお母様から頂いた嬉しい言葉を書きます。
 
   「T君と同じクラスで良かったです。4月の保護者会で、障がいがある事を話されて、
    暴力はないけど、言動のトラブルは必ずあります。
    と聞いた時は、この1年どうなるんだろうと不安でした。
    でも、今はT君と同じクラスで本当に良かったです。
    きっと、小学校に行ったら、障がいを持ったお子様がいると思うんです。
    そんな時にT君からこの1年で、お友達を思いやる気持ち、助ける気持ち、
    色んな気持ちを教えてもらったので、それを小学校に行ってもいかせると思うんです。
    うちの子に、いい経験をさせて頂いて有難うございました。」

    このお子様とは、息子様はよく喧嘩をしてたので、
    最後に、まとめて苦情を言われるのかと思って、
    構えてしまっていたので、こんな言葉をかけて頂いて、本当に嬉しかったです。

       

         


By yume☆                                         
[PR]
by teotsunagou | 2010-04-02 02:36 | 日々のこと