虹色の月、広報担当のyasucoのblogです
by teotsunagou
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
お知らせ
事務局メンバー紹介
日々のこと
診断までの道のり
お薦めのもの
ランチ会の様子
オフ会のご案内
オフ会の様子
講演会のご案内
成長の一歩
困ったこと
支援グッズ
以前の記事
2014年 07月
2013年 01月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
最新の記事
またまたお久しぶりです
at 2014-07-03 15:00
お久しぶりです
at 2013-01-31 12:11
もうすぐ卒園です
at 2012-03-15 00:31
ニキ・リンコ × 浅見淳子 ..
at 2012-02-03 19:45
明けましておめでとうございます
at 2012-01-14 11:43
検索
広島ブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
たつ坊のみちのり
私(きりん)の息子たつ坊は、この春4歳になりました。

「おそらく自閉症でしょうね」と言われたのは、2007年の秋(2歳5ヶ月頃)です。
…この時点では担当医師の言葉だけだったから、あまり実感がなかったんだけど。
その後、翌年の春に発達検査を受けて、
≪知的障害を伴う自閉症≫
と診断を受けました。


そもそものきっかけは、たつ坊が2歳になったばかりの頃。
たまたまかかりつけの小児科を受診した際に、医師から指摘を受けたことです。
・2語文が出ない。
・周囲の人間にまったく関心を示さない。視線が合わない。
・とにかく落ち着きがない(多動の疑いあり)。
これらの点から
「もしかしたら発達障害があるかもしれないね。専門の病院で診てもらいなさい」
と、紹介状を書いていただきました。


その頃の私が心配していたのはただ一つ、発語がないことでした。
1歳過ぎてからだったかな、一度「まんまん…」と喃語を発してたんだけど、
いつの間にか消えてしまい、それ以来聞くことはありませんでした。

その他のことについては、初めての子育てだったこともあり、
”落ち着きのなさも無関心さも、きっとこの子の性格なんだろう”
と思ってたし…。


うちは社宅に住んでいることもあって、同年代の子供と触れ合う機会も多かったけど、
「たつ坊は手がかからん子じゃねぇ。育てやすそうで、いいねぇ。」
…友達にそう言われて、内心ほくそ笑んでいた私。

・よその子と玩具の取り合いをしない(=取られるがまま)
・放っておいても泣かない(=人見知りもほとんどなかった)
・大人がちょっかい出しても、無視して自分の世界で遊んでいる
今振り返ると、この時点で充分怪しい匂いが…(笑)



そんなこんなで、指摘から4ヶ月後にようやく療育センターを受診したわけなんですけど、
それまでは悶々としたり、まぁいいかーと思ったりの繰り返し。
ポジティブ思考とネガティブ思考の狭間でうろうろしていました。

まず、私の兄も言葉が遅かったと聞いていたし、
男の子だから成長が遅くて当たり前、という勝手な思い込みがありました。
実家の母も夫の母も
「大丈夫、大丈夫。たつ坊は男の子だしマイペースなんよ」
って言ってたしなぁ。
(…本当は二人ともかなり心配していたそうです。後で聞くと。)
“うちの子はただマイペースで元気いっぱいなだけ。”
”未熟児で生まれたから発達が遅いのは仕方ないよね。”

一方で、漠然とした不安もありました。
“うちの子はやっぱり周りと違うような気がするな。”
”私が淡々としてるから、あんまり話しかけないから、こんな風になったんかな…。”

日々頭の中がグルグルしたまま初診日を待っていました。



診断された時にまず感じたのは、安堵感。
障害に気づかないまま育てるよりは、早く分かってよかったー、みたいな。
今考えると、「大丈夫なフリ」をすることで無意識に現実逃避していたのかもしれません。
ここでガクッとへこんだら、当分立ち直れないような気もしていました。

その頃はまだ自閉について知識も実感もなかったから、
その時の思いが単なる綺麗事・やせ我慢に過ぎなかったんだと、後々思い知ったんだけど…。


腹を括っていたはずの自分が本格的に落ち込み、悩み始めたのは、それから少し経った後のことです。
扱いやすい子供だったはずの息子に、いろんなこだわりが出始めたから。
療育を受け始めて、今まで見えていなかったものが見えてきたから。

それまではどこか他人事のように感じていた現実を、やっと実感し始めたんだろうな。


今まで受けてきた療育については、またあらためて書きたいと思います。
[PR]
by teotsunagou | 2009-12-15 00:12 | 診断までの道のり
<< 発達障害支援講演会の応募は・・・ 12月12日 子連れオフ会の様子 >>